バリスタを使ったアイスコーヒーの作り方

バリスタでアイスコーヒーを作る

 

 

バリスタは5種類のカフェメニューが作れるのはみなさんご承知かと思いますが、バリスタで本格的なアイスコーヒーを作ることができるのはご存知でしたか?

 

作り方は簡単です。

 

カップに氷をたくさん入れる
エスプレッソタイプをタッチし、コーヒーを入れる
砂糖、ネスレブライト、クリーム・牛乳を好みで入れる
混ぜる

 

通常のメニューですと氷が解けてコーヒーの濃度が薄くなってしまうので「エスプレッソタイプ」で作るのがオススメです。

 

カップに氷をたくさん入れましょう。

 

ブラックだけでなく、アイスカフェラテももちろんできます。

 

牛乳を氷のように凍らせてアイスコーヒーに入れるのも面白そうですよね。

 

カップに牛乳やネスレブライトを入れてから氷を入れ、エスプレッソボタンを押すとミルクとコーヒーの綺麗な二層のアイスコーヒーができあがります。

 

バリスタでアイスコーヒーを作る

 

他にもバナナやアイスクリームを使ったレシピがバリスタの公式サイトにありますのでチェックしてみてはいかがでしょうか?
>>ネスレのバリスタアイスコーヒーレシピ

 

自分好みのアレンジを開発していくのもバリスタの魅力の一つです。

 

一杯約20円という値段でアイスもホットも一年中コーヒーを楽しめるバリスタをぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

 

バリスタi[アイ]を無料で使いたい方はコチラ

↓↓↓↓↓

 

 

ネスカフェのアイスコーヒーサーバーでアイスコーヒーを楽しむ

 

バリスタ以外でアイスコーヒーを楽しむにはアイスコーヒーサーバーが最適です。
職場でのみ楽しむ会社用アイスコーヒーサーバーと、自宅でのみ楽しむ家庭用アイスコーヒーサーバーがあります。

 

以前は会社用しかなかったアイスコーヒーサーバーですが、家庭用アイスコーヒーサーバーがついに登場しました。
バリスタを使ったアイスコーヒーでは物足りない、もっと手軽に飲みたいという方にぴったりのサーバーです。

 

家庭用アイスコーヒーサーバー

新体験のアイスクレマコーヒーを楽しめる、アイスコーヒーサーバーです。きめ細かい“クレマ(泡)”がコーヒーの香りを閉じ込めるので口の中に香りが広がります。泡はクリーミーでよりマイルドな味わいになります。冷却機能と飲み頃サインがついており、レバーを下げればアイスコーヒーが注げ、奥に倒すと泡が注げます。
家庭用アイスコーヒーサーバーの紹介動画を見てみる

 

 

会社・職場限定のアイスコーヒーサーバー

 

バリスタでアイスコーヒーを作る

 

会社・職場限定、つまりネスカフェアンバサダーになると冬場以外の季節限定「アイスコーヒーサーバー」が申し込めます。
コーヒーボトルの種類は全6種類。

 

アイスコーヒーサーバー本体に4本のボトルを入れることができ、常に冷却・保冷してくれるので、会社の冷蔵庫スペースをとることはありません。いつでも冷えたアイスコーヒーを飲むことができます。

 

職場用アイスコーヒーサーバーの紹介動画を見てみる

 

コーヒーを会社に定期的に届けてくれる「ラク楽お届け便」で定期購入するとアイスコーヒーサーバーが無料になります。

定期的に届けてくれる頻度は2週間、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月の好きな間隔で選べます。
最低でも○ヶ月利用しなければならない、といった最低利用期間がないのがうれしいポイント。

 

 

コーヒー1杯あたりの値段はバリスタとほぼ変わらない約20円です。

 

バリスタi[アイ]でアイスコーヒーを作ることもできますが、氷を作る・入れる作業が発生するので、会社でそこまでできないという方も多いかと思います。
ですので、夏はアイスコーヒーサーバーとバリスタi[アイ]を常備しておけば、1杯あたりは同じ値段ですので気分によってホットコーヒーにしたりアイスコーヒーにしたりという使い分けができそうですね。

 

今だけのチャンス

 

ネスカフェアンバサダーに申し込む際に、アイスコーヒーサーバーとバリスタを2台とも利用すると2000円相当のショッピングポイントがもらえます。
その際、さらに数量限定で「専用什器」がもらえます。これはバリスタの詰め替えコーヒー、アイスコーヒーボトルが入った箱、アイスコーヒーサーバーとバリスタ、これらを3段で一つに収納できる「什器」です。

 

バリスタでアイスコーヒーを作る

 

さらにさらに5月31日(水)までの期間限定で新体験のアイスクレマ(泡)コーヒーを楽しめるネスカフェ ゴールドブレンド アイスコーヒーサーバーが抽選でもらえるチャンスです。このサーバーは会社で利用するものでなく、申し込んだ方の自宅に届く家庭用アイスコーヒーサーバーになっています。
>>トップページへ戻る

 

 

ネスカフェアンバサダーの申し込みはコチラ

↓↓↓↓↓